台風21号

大型の台風21号が本州に近づいていますが、秋田でも午後から雨が降り出してきました。


ちょうど知り合いが沖縄へ旅行中だったので飛行機の運航が気になったのですが、沖縄地方は大東島を除き大きな影響もなく、多少の遅れはあるものの全便が運航される見通しになっていました。
しかし、明日にかけて台風が近づくと今度は羽田空港への影響が出そうです。


秋田も冬の間はいつ吹雪に見舞われ、空港が閉鎖されるかわかりません。
そんな時期に旅行を計画した場合、私は飛行機に乗れなかったら「こまち」で行って間に合うかという視点で計画をします。
このため飛行機はかなり早めの便を手配し、ダメだったらすぐに駅に向かうという二段構えの作戦です。


今も、そんなことを考えながら1月に旅行する計画を立てていました。


さて、今日は衆議院議員選挙の投票日です。


先日、夜に私の家の向かいに住む(普段は東京へいますが)比例区から立候補している候補者自身が回覧板を届けにきました。
「あれ、先生、そんなことをしていて大丈夫ですか?」
「さっきまで地方区の候補者と一緒に朝から演説してきたところだったんだ」
「それはお疲れ様でした。ところで・・・・・」


しばし玄関先で気になっていた政界のことについて立ち話です。
果たして結果はどうなんでしょう。



【お土産にバームクーヘンをもらいました。国際通りの店頭で実演販売しているやつですね。(^o^)】

c0133340_15310657.jpg

〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-22 18:46 | その他 | Comments(0)

ハワイもついにLCC

今年6月にLCCのエア・アジアXが関西空港-ハワイ線を運航したのに続き、11月からは同じくLCCのスクートが関西空港-ハワイ線に就航することになり、先日、売り出しが行われましたが、一番安いチケットは2万円弱とLCCらしい値段でした。

日本国内のLCCは使っている飛行機が小型なので長距離は飛べません。
このため、いくら長くても4時間が限度と言われています。
日本からハワイまでは約7時間から8時間かかるので普通のLCCは無理でした。

ただ、マレーシアのエア・アジアXとシンガポールのスクートは使っているのが大型機なので東南アジアから日本を経由して、そのままハワイまで行くことができます。
日本人に人気のハワイなのでそこに目をつけたのでしょう。

飛行機の方は長時間飛べるとしても問題は座席の狭さです。
近距離なら少しくらい座席が狭くてもLCCだからと我慢もできますが、長距離となると事情は少し違ってきます。

大手の航空会社の座席間隔でも狭いと思うのに、それより狭いと耐えられなくなってしまいます。
座席の背面についているモニターもありませんし、食事もありません。
運賃が安いとしてもそのあたりをどう考えるのでしょうか。

最近は国内ツアーにもがLCCが使われるようになってきましたが、ハワイとなると難しいような気がします。
旅行会社は評判を気にしますから「あそこの会社のツアーは・・・」などと言われるのを気にするのではないでしょうか。


c0133340_11020819.jpg
〓旅の話~あれこれ〓


# by world-traveler | 2017-10-21 11:06 | 航空の話題 | Comments(0)

検疫代行サービス

JTB中部がセントレアから出国する外国人向けに検疫代行サービスを開始したというニュースがネットに出ていました。

しかし、検疫というのは本来、持ち込まれる国側が海外から病害虫を持ち込ませないために実施するもので、出国する場合は関係がないと思っていました。
空港でも入国する時は検疫所が置かれていますが、出国する時は何もありません。

そこで調べてみたらこの検疫は相手国が求める基準を満たしていることの証明を行うために実施し、検査証明書を発行するために行うものだということがわかりました。
つまり、日本の検疫所の証明があれば帰国の際、果物などをお土産に持って帰れる国があるという訳です。

そこで30年も昔のことを思い出しました。
中国に仕事で行った時のことです。
当時の中国は日本からのいろんな交流団を受け入れ、自国の発展につなげようと積極的でした。
我々は相手方へのお土産として巨峰や世界一というりんごの箱を携えていました。

コーディネーターの話では我々はVIP対応なので、通常の入国審査を通らずに飛行機を出たところに出迎えている政府関係者についていけばいいと言われていました。
それなら検疫に関係なく当時中国では珍しかった日本の果物も持ち込めます。

ところが、飛行機から出ても政府関係者がいません。
しばらく待ったものの現れないので普通に入国審査を通ることにしました。
ここで我々の持っている荷物が目に止まり開封させられたのですが、そこから出てきたのは持ち込みが制限されている果物類だったためにすべて没収となってしまったのです。
重い思いをして大事に運んだお土産はなくなってしまいました。

今回、JTBが絡んで行うサービスは、海外からの観光客がお土産として買い上げた果物などを持ち帰る時に、それを代行して検疫所に持ち込み帰る時までに証明書を貰っておくというもので、これまで輸出の事業者が行っていたようなことを個人向けにも広げるものです。

こんなサービスが当時あったら我々も没収されずに済んだかもしれません。
ちなみに政府関係者が現れなかった理由は、到着時間を間違えたものと後でわかりました。


【30年前の北京空港】
c0133340_08120479.jpg


c0133340_08122619.jpg



〓旅の話~あれこれ〓

# by world-traveler | 2017-10-19 08:14 | その他 | Comments(0)

会社を設立したものの、長らく運航できないでいたエアアジア・ジャパンですが、ようやく2年遅れで今月29日から中部国際空港と千歳空港の間で運航を始めることになりました。

その記念運賃は5円だそうですが、果たしてどれだけの席を準備しているのかはわかりません。

すると早速、ジェットスターからメールが送られてきて、この区間の運賃を6円にするというものでした。

思わず笑ってしまいました。
もちろん、いつでもその額で購入できる訳ではありませんし、諸経費を含めると数千円になるのでしょう。
あくまで話題作りの一環です。


ただ、中部国際空港を拠点とするLCC同士の熾烈な戦いは始まったようです。
エアアジア・ジャパンは運航を始めたといっても、まだ札幌へ二往復だけなのでそれほど影響はないかも知れませんが、これから便数が充実してくると既存の大手航空会社もだまっていられなくなるでしょう。
中部圏は首都圏や関西圏よりも乗客のパイが少ないのですから、場合によっては撤退する航空会社も出てくるかも知れません。


そして何よりも大事なのは、LCCが連れてきてくれる新たな階層の観光客を地元名古屋がどう迎えるかです。
この人たちはLCCの安い運賃に触れて「そんなに安いんだったらちょっと名古屋へ行ってみようか」と思った人達です。
その人達が出かける場所へのルート作りこそが大事になってきます。
具体的に言えば中部国際空港からスムースに「伊勢参り」ができるようなルートづくりです。


「飛行機代が安かったので行ってみたら意外に面白かった」となるような舞台が必要です。



【調べてみたら2013年に中部国際空港から乗っていました】

c0133340_16475295.jpg

c0133340_16482670.jpg

【機内で食事も買っていました】

c0133340_16485308.jpg

〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-17 16:53 | 航空の話題 | Comments(0)

「仕事」を終え、また秋田に戻ってきました。


前々日までは30℃近い夏のような暑さで、半袖で過ごしていたのに翌日は急に気温が10℃以上も下がって、今度は上着まで必要なくらいに冷え込んだりしました。
秋田に戻るとそれ以上に寒く、部屋で震えるばかりでした。


さて、先週と今週、テレビ番組の「旅サラダ」を見ていたら南アフリカを取材していました。
そこでびっくりしたのが、ヨハネスブルグの市内を紹介していたことです。


ヨハネスブルグといえば南アフリカで一番大きな都市にもかかわらず、世界でも有数の治安の悪さで知られ、南アフリカを紹介する番組でもほとんど取り上げられることはありません。
ヨハネスブルグの空港に到着してもすぐに隣のプレトリアに逃げるように移動して、そこから旅のスタートを切るのが普通みたいになっています。


私はドキュメンタリー番組でヨハネスブルグを取り上げることはあっても、旅番組で普通に店や飲食店を紹介するなど見たことがありません。


それが何と旅サラダでは、レポーターの女性がヨハネスブルグ市内の中心部でレポートしていたのでびっくりでした。
別におどおどするわけでもなく、この大都市のお店や見どころなどを堂々とレポートしています。
注意深く引きの映像を見ていましたが、別にレポーターのすぐ近くにガードマンを配置しているわけでもないようです。


そして昨日もケープタウンの紹介をしていましたが、こちらも街の中を歩いたり、市場に入ったりしていました。
これまでのテレビ番組でケープタウンの紹介といえば、安全で観光客の多く訪れるベイエリアのあたりを紹介する程度だっただけにとても新鮮でした。


どうしてこの番組がここまで踏み込んだのかはわかりませんが、もしかすると南アフリカもそれだけ治安がよくなり、普通に歩ける場所が多くなっているのかも知れません。


私が数年前に行ったとき、ツアーではヨハネスブルグの空港から車に乗ると、一切、ヨハネスブルグの町並みなどを見ることなくプレトリアへ移動しました。
ケープタウンでも市街地へはまったく足を踏み入れることなく、ベイエリアにあるホテルからバスに乗って観光に出かけただけでした。


私の旅の仕方としては、外国の都市に着くと必ず市内の中心部を散策してみることからスタートします。
けれども、南アフリカではまったくといっていいほど自由な時間も行動もありませんでした。
かなり欲求不満のまま帰ってきたのです。


もし、治安が回復しているのならぜひ、自由に街の中を歩いてみたいと思いますが、果たしてどうなんでしょう。



【テーブルマウンテンからケープタウンを望む】

c0133340_05103441.jpg

【民家の塀の上に張られた電線】
c0133340_05105924.jpg

〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-15 05:14 | その他 | Comments(0)

「オーパ」のオープンで

昨日、駅前に行ってビックリしたことがありました。
今月13日にオープンするとしていた商業施設が二日前にオープンしていたことです。


それはイオン系のオーパという店でしたが、誰に聞いても13日にオープンすると言っていました。
しかし、物見遊山で行ってみたら人がゾロゾロと中に入っていくではありませんか。
入口で招待客でもチェックでもしているのかと思ったら、そんなことはなく普通に入れてしまいました。


中に入ると地下から最上階までどの店も普通に営業しています。
販売ばかりではなく飲食施設もちゃんと営業をしていました。
おそらく正規のオープン時には大変な人になるでしょうが、この日はそれほどの混雑でもなく、特に飲食店などはがら空き状態でした。
聞こえてくる会話も「今日からオープンなんてまったく知らなかった」という話ばかりでした。

その時、なるほどこれが今の新しいオープンの方法かと思いました。

今はわざわざ宣伝をしなくてもちょっとした話題はSNSですぐに拡散されます。
新しい店がグランドオープンする前にプレオープンしているという話はすぐに広まって、特に若い人には格好の話題となったことでしょう。

店側にとってもあまり多くのお客さんに押しかけられても困りますし、肩慣らしにちょうどいい程度のお客さんに来てもらうためにあえて宣伝しなかったのでしょう。


ただ、13日がオープンだと思って張り切っている人にとっては気の毒です。
昨日は多くの店ですでにオープンセールとして特売品なども店頭に山積みして販売していました。
せめてオープンセールの特売品くらいはグランドオープンまで待ってやれはいいのにと思ってしまいました。


c0133340_04401312.jpg

〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-12 09:20 | その他 | Comments(0)

夏の暑さ

関東地方は昨日も今日も10月とは思えない異常な暑さです。
昨日は30℃近い暑さでした。

困ったのは半袖を1枚しか持ってきていなかったことです。
一応、週間天気予報を見て来たのですが、よもやそこまで暑いとは思いませんでした。
街を歩く人はほぼすべてが半袖を着ていました。
やむなく夜に洗濯をして朝にまた着るという風にしています。


そんな中で外を歩いていると選挙のポスターが目につきました。
すべて知らない人ばかりでしたが、昨日は衆議院議員選挙の告示日だったようです。


そして今日、休憩時間に昼食を食べに駅に隣接するビルの中にある飲食店に入りました。
ビルの中には10店舗ほどが入っているのですが、昼を少し過ぎたばかりにもかかわらず、どの店もあまりお客さんが入っておらず、呼び込みなどもしていました。

そうした中で唯一満席状態だったのがサイザリヤでした。

入ってみると学生からサラリーマンまで幅広い客層です。
そしてメニューを見て納得がいきました。
500円でランチが食べられるのです。
ドリンクバーをつけても610円という安さです。


まだまだ財布の紐は固いようですが、とにかく景気を拡大させないとどうにもなりません。
金の卵を産むにわとりを育てないと社会保障もままなりません。



【500円のランチ】

c0133340_16095657.jpg

〓旅の話~あれこれ〓


# by world-traveler | 2017-10-11 19:10 | その他 | Comments(0)

当日、空席があれば割安で乗れるANAの「スマートシニア空割」を使って東京へ来ています。
前もっての予約はできませんが65歳以上であれば格安で乗ることができます。
秋田-東京間は約13500円でした。


これが断然得なのは長距離便です。
例えば東京-沖縄便なら15700円という安さです。
LCCなら安く買うには早くから日程を固めてセールを狙うしかありませんが、これなら当日、空港に行って一番早く出る便を選んで乗ることも可能です。
幹線なら便数も多く、よほどのことがないと空席がないということはありません。
但し、その日までチケットが買えませんから、残っている席は3人掛けの真ん中しかなかったりします。


今日は三連休の最後とあって午後の便は混んでいたようですが、午前中の便は空席があったのであっさりとチケットを買うことができました。
ただ、私がこれを使うのは二回目でそれほど使っているわけではありません。
日程さえ決まっていればANAでももっと安い料金があるからです。


今回は天気の様子を見て直前に判断したかったのでこちらを使いました。
羽田空港に到着した後、そのままデッキに上がり写真を撮ってきましたが、晴天に恵まれ良い写真を撮ることができました。


こちらには一週間ほど滞在して「働く」予定で、年寄りでも少しは役にたてるところを見せたいと思っています。



【東京湾の観光船も見物に来てました】

c0133340_22330802.jpg

〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-09 22:35 | 航空の話題 | Comments(0)

綾部さんようやく渡米

お笑い芸人、ピースの綾部さんがようやくビザの発給を受け、渡米できるようになったというニュースが流れていました。


相方の又吉さんが作家としての栄誉である芥川賞を受賞し、コンビ間格差が生じてきた昨年の10月に突然のようにアメリカに行くと言い出した時は、誰しも芸人の冗談と思ったほどでした。


ただ、アメリカで芸能活動するにはビザが必要で、観光目的で行くのとは訳が違います。おまけにアメリカのビザときたら取るのも厳しいし、その制約も厳しいことで知られています。

日本なら留学ビザで入国してアルバイトに精を出す外国人も大勢いますが、アメリカでそんなことをしたら即、国外退去になるほどです。

それが日本国内はともかく、国際的には何の実績もない人間がアメリカで働くことができるビザを取得するとなると大変だったでしょう。

その影には紛れもなくアメリカのビザ取得を得意とする有能な弁護士の力があったはずです。


一度、ビザの申請に失敗し却下されれば二度目はかなり厳しいと言われる中で、一年もかかって本人が見たらちょっと恥ずかしくなるような「輝かしい実績や、芸人としての特異まれな才能」を示す資料を積み重ね、彼を受け入れることで「アメリカにこれだけの利益をもたらす」などと誇張した理由を考え、何年かわかりませんが「滞在するに十分なお金を持っている」ことを銀行が証明し、もし、働けなくても暮らしていけることを説明してようやく取得したものに違いありません。


これまでそんな厳しいビザの発給事情を知らない人達からは「行く行く詐欺」だのと言われ続けていましたが、これでようやく出発できるようになった訳です。


しかし、大変なのはこれからでしょう。
彼が向こうで何を目指すのかわかりませんが、何をするにしても一番先に英語という壁が待ち構えています。
それかできるようになってかららスタートラインに着くわけで、果たして何年かかるかわかりませんが、吉報を待ちたいと思います。


c0133340_10135903.jpg
〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-08 10:17 | その他 | Comments(0)

数日前、妻が急にスマートフォンにしたいと言いだしました。
関西に住む友人のところに遊びに行くことになり、連絡を取り合うのにスマートフォンが必要だと思ったようです。


私はこれまで格安スマートフォンをネットやアプリケーションに使い、携帯電話をメールと通話用に使うなど2台を使い分けていました。
格安スマートフォンだけにすると家族間の無料通話を使えなくなるために妻が抵抗していたからです。
私の通話など微々たるものですが、妻と子供との長電話は時に30分になったりしますから。


格安スマートフォンを使っていてわかったのですが、私が使う通信量など月に1ギガくらいにしかなりません。
それなのに大手のキャリーではスマートフォン本体分を含めた高額な通信料を延々と払わされるのではたまりません。
どうして本体と通信料をはっきりと分けて表示しないのか不信感がありました。


それがここへきてdocomoでも最近、格安プランが発表され、本体分と通信料にはっきり分けて示され、通信量の少ない私なら何とかなりそうなところまで料金が下がってきました。
早速、二人で店に行って契約をしてきました。


店で半日もかかって設定したはずなのですが、完全ではなかったようで家に戻って色々操作しているとWi-Fiやメールの受信ができません。
それとともにスマートフォンの設定の難しさに音を上げてしまいました。

曲がりなりにもこれまでスマートフォンを使ってきた私でもどうにもなりません。

なぜならdocomoでは余計なアプリケーションが最初からたくさん入っていて邪魔をするからです。
これまでの格安スマートフォンは余計なものがなく、至ってシンプルなので使い易かったのですが。


携帯電話はストップしてしまったので、明日は再び店に行って設定をしてもらわなくてはなりません。



〓旅の話~あれこれ〓



# by world-traveler | 2017-10-06 20:50 | その他 | Comments(0)